2019年3月12日火曜日

第14回究極のワイン会

1年に一回の<お祭りワイン会>として!
Ch.Mouton Rothschild'45
Ch.Cheval Blanc'47
Musigny Vieilles Vignes'47Domaine Comtes Georges de Vogue
Chambertin'69Maison Leroy
等々、20世紀を代表するワインをメインに据え
回を重ねてまいりました。
 Billecart Salmon Blanc de Blancs'83
Corton Charlemagne'90Domaine Louis Latour
Batard Montrachet'89Maison Louis Jadot
Montrachet'89Maison Louis Latour
Volnay 1er Cru Caillerets Clos des 60 Ouvrees'74En Magnum/Domaine de la Pousse d'Or
Volnay 1er Cru Clos des Chenes'69Maison Remoissenet
Charmes Chambertin'85Domaine Faiveley
Chambertin Clos de Beze'69Domaine Clair Dau
Clos de Vougeot'59Domaine Robert Arnoux
Clos de la Roche'53Maison Louis Jadot
Ch.La Mission Haut Brion'05
Ch.La Mission Haut Brion'55
Dom Perignon'90
 Billecart Salmon Blanc de Blancs'83
Corton Charlemagne'90Domaine Louis Latour
Batard Montrachet'89Maison Louis Jadot
Montrachet'89Maison Louis Latour
Volnay 1er Cru Caillerets Clos des 60 Ouvrees'74En Magnum/Domaine de la Pousse d'Or
Volnay 1er Cru Clos des Chenes'69Maison Remoissenet
Charmes Chambertin'85Domaine Faiveley 
Chambertin Clos de Beze'69Domaine Clair Dau
Clos de Vougeot'59Domaine Robert Arnoux
Clos de la Roche'53Maison Louis Jadot
Ch.La Mission Haut Brion'05
Ch.La Mission Haut Brion'55
Dom Perignon'90 




 Billecart Salmon Blanc de Blancs'83

極上林檎の蜜の化身と化した!
Corton Charlemagne'90Domaine Louis Latour 

タンジェリンの蜜、オレンジピール、未だ鋭い酸が寿命の長さを誇示!
香り通りの未だ鋭角な酸、
優れたシャンパーニュを思わせるゴシック調の酸に柑橘系の蜂蜜が滴る!
間もなく30年目を迎える気難しいCC!
素晴らしい!!!
 Batard Montrachet'89Maison Louis Jadot

艶やかなイエローゴールド。
楚々とした香りの立ち上がり。
トロリとクリーミー、オレンジクリームを思わせる。
岩清水に蜜。
奥ゆかしいバタール。
含むと、香りと同様な繊細で凛とした佇まい。
酸の在り方が素晴らしい!
ジャド社はこの年(1989年)マロラクティック発酵を行わなかった。
戦略勝ちの銘酒だ!
熱き石な喘ぎがジワジワとフツフツと舌に迫りくる。


Montrachet'89Maison Louis Latour(画像失念)
ゴールドカラー
ロマラン(ローズマリー)の蜜。
ウズウズと爆発寸前!
正にロマランの蜜その物!
大地からの偉大な恵!!


 Volnay 1er Cru Caillerets Clos des 60 Ouvrees'74En Magnum/Domaine de la Pousse d'Or 

赤身の失せかかった黄昏色、エッジには強い錆色。
温かなビートの根の香り。
甘い大地の森の蜜。
最後の力を振り絞って自己主張をしている。
Volnay銘酒の面目躍如!
ブラボー!ジェラール!!!
子息ニコラの5歳の時の作品。

この年1974年は、ブルゴーニュに限らずボルドーも不作の年で、
尚且つ、オイルショックのダブルパンチ・・・!
大方の銘醸家も大失敗した呪われた年。
しかし、真の銘醸家はこういう年に極上酒を造る!
銘醸家ジェラール ポテルの矜持!
 Volnay 1er Cru Clos des Chenes'69Maison Remoissenet

前者よりも5年遡るが、1969年はブルゴーニュの偉大な当たり年!
しっかりとした色調の美しいガーネット色。
きびきびとした小さな赤い果実が舞い踊る。
シュルマテュリテの甘いニュアンス。
大地にしっかり根差した威風堂々とした佇まい。
アフターに心地よい根の苦み。
前者と対照的だが、偉大なクリマの偉大なミレジム!
Charmes Chambertin'85Domaine Faiveley

 飲み頃サインの錆色の輪。
らしい、リコリス。
果梗に蜜、インパクトのある深い苦みのニュアンス。
フワッと<グミ>の愛らしさ。
舌を絞るような酸と蜜のコントラスト。
流石最強のシャルム シャンベルタン!
アミノ酸が前面に出てくるには、後10年以上先か?!
 Chambertin Clos de Beze'69Domaine Clair Dau

伝説の造り手!ドメーヌ クレール ダウのフラッグシップワイン!
これぞ!ザルトで供されるべきワイン!!
見惚れるような美しきガーネット色。 
スパイシーでクリスタル!
煙、タイム、ローズマリー、ハーブィーな蜜。
スケール感があるが清々しい透明感で纏まっている。
超一流の造り手の場合のみ・・・!
このテロワールからのメッセージは、
地の割れ目からの地熱が放出され、エネルギーが満ち満ちる。
飲み手は、このエネルギーをしっかり受け止める・・・!
Clos de Vougeot'59Domaine Robert Arnoux 

グラン ゼシェゾーに隣接し、シャトーと同じ高さにある
超極上の位置取り!
 旨みに満ちた、<トリュフチョコレート>!
Clos de la Roche'53Maison Louis Jad
ot 
丸石を想起するミネラル感、
これぞ!クロ ド ラ ロシュの真骨頂!
偉大なる65歳!!! 
 Ch.La Mission Haut Brion'55

7時間前抜栓。
中心に未だ黒味が残り、エッジにわずかな錆色、驚愕の若色!
ツンとする新樽香がお出迎え。
偉大なラミッションの特長である<桑の実>の香り。
暫くするとショコラ、エスプレッソに変化してくる!
黒系果実のコンポート、ブラックチェリーのコンフィチュール。
一啜り、強烈な酸のお出迎え・・!
そして獰猛なタンニンの奥に潜む、美味しいコーヒークリーム。

 この今年64歳なるワイン殿下の、ナント若いことか^^!
 驚愕のラ ミッション オーブリオン!
1929年の再来か!!!




本日のお料理達・・・!
活け車海老と季節野菜のテリーヌ 黒トリュフソース 
 フォワ・グラのロティ 林檎のキャラメリゼとバルサミコ 
 純血100%イベリコ豚デベジョータ60か月物生ハム
 益田漁港産黒鮑 黒トリュフソテー
 新潟・潟東産・無双網猟物・野鴨バトー焼き
 フランス農家製フロマージュ
 野鴨ラーメン 
黒トリュフの香るビーネンシュティ



ご参加頂きました皆様、
存分にお楽しみ頂けたことと存じます!

では、恒例の本日の1番ワインを発表致します。
(ご参加者は13名様です)


本日の1番ワイン!!!!
Chambertin Clos de Beze'69Domaine Clair Dau 8票


Clos de Vougeot'59Domaine Robert Arnoux 2票

Clos de la Roche'53Maison Louis Jadot 1票

Volnay 1er Cru Clos des Chenes'69Maison Remoissenet 1票

Billecart Salmon Blanc de Blancs'83 1票


今回のメインワインは、
シャトー ラ ミッション オーブリオン1955年!
これが主催者側としてのNo1ワインでした^^
しかし、余りにも状態が良過ぎ、
正に究極の古酒のオンパレードの中で、
ある意味、浮いてしまいました。
1955年のラ ミッション オーブリオンの
半世紀後の2005年物も洒落でお出ししたのですが、
単なる<洒落>になってしまいました。

嬉しいような、悲しいような(^^;
まぁ、皆様には存分にお楽しみ頂けたようですので、
それはそれで、良かったです^^!


来年2020年第15回目のラインナップに思いを馳せます。
有難うございました!

2019年2月19日火曜日

究極のサロンのワイン:キートリッヒャー グレーフェンベルク リースリング アイスヴァイン1999年ヴァイングート ロベルト ヴァイル

1875年設立のドイツを代表する、
ヴァイングート ロベルト ヴァイル、
キートリッヒ村にある名畑グレーフェンベルクは
標高180m、しかし<平坦>とは無縁の最大斜度60度!
に及ぶ難所・・・!
この斜度が太陽の恩恵を受けるための一つの厳しい条件!
収穫時はこの難所に何度も何度もはいり、
最高の熟度の葡萄を<一粒ずつ>収穫していく!
年によっては20回に及ぶこともある!

今回のワインは、<アイスヴァイン>!
凍結葡萄を持ちいてつくられ、プレディカート ヴァインの範疇では、
<ベーレンアウスレーゼ>相当の糖度。

美しいグリーンを帯びたイエローゴールド。
未だ若いボトリチスの苦みの痕跡。
ハービィーな趣き、柑橘系の花の蜜、
時間と共に、熟したローズマリーの花の蜜に変化。
バックボーンに聳えるゴシック調の厳めしい酸!
この鋭く抉るような酸に彩られた高貴な蜂蜜。
麗しい<紅玉のコンポート>に化してきた!

素晴らしい・・・!
ゆっくりと、
穏やかな時の流れの中に身を委ねながら楽しむ、
幸せなサロンのワイン。

2019年2月14日木曜日

シャトー ディケム1976年と驚愕のマリアージュは?

信じられない!!??マリアージュ、
シャトー ディケム1976年と・・・!??

シャトー デュケム、1855年のパリ万博を記念して行われた、
当時大人気の甘口ワイン、ソーテルヌ、バルザックの格付で、
<特別1級>として頂点に君臨し続ける偉大なシャトーです。

格付後164年の歴史の中でも、傑出したヴィンテージとして崇められる、1976年。
オイルショック直後の1975年とのツインヴィンテージで、
傑出したワインが作り出されました。
20年少し前、念願叶い初めて試飲致しましたが、
セメダイン香が顕著でしたが、<レモンの花の蜂蜜>その物の
素晴らしさで魅了されました。
あれから23年目、どんな成長を見せてくれたのでしょう?
引き込まれる程美しい宝石!トバーズの輝き。
23年経ち、あのセメダイン香はかなり溶け込んできたが、
未だ発火しそうな痕跡が・・・!
高貴なたっぷりとしたボトリチスの香り。
レモンの花、ライムの花の蜜が顕著、時間と共にアカシアの蜂蜜に発展する。
アフターの苦みは、レモンピールに高尚な砂糖掛けのニュアンス。酒齢40年ちょっと、未だアルコリックだがキッチリ焦点が定まった骨太の酒躯。
フリュイドセックのアプリコットの蜜掛けの趣。

時間と共に、<向日葵の蜂蜜>に変化してきた。
シャトー ディケムの最終形、<紅茶のクレームブリュレ>になるには、後30年の時が必要!

さて、前置きが長くなりましたが、この日ご用意したこのワイン用のお料理は、フォワ・グラのソテーと最後のブルーチーズ2種。これはクラシックな定番の合わせ方。

フォワ・グラの前には・・・!
<生牡蠣>です^^!
信じられますか?生牡蠣にシャトーデュケム!
toratanuの現在の牡蠣は、伊勢志摩・的矢産です。
最高の鮮度で、鼻腔を抜けるヨード香、ワインにはこの厄介なヨード香が、レモンの花、ライムの花の蜂蜜に抱かれ、
お口の中で<桃源郷>を現出させます^^!

信じられますか?

2019年2月11日月曜日

奇跡のロマネコンティ! 1955!!!

奇跡のロマネ コンティ1955
還暦を超えたRomanee Conti1955!

1955年は、ブルゴーニュの作柄としては<まずまずの良年>と言われる年、
しかし経験上、超の付く極上酒がいくつかある。
ルロワ シャンベルタン1955、ミュジニ1955ボギュエ、
クロ ド タール1955、そしてこのロマネ コンティ1955!!!

しかし・・・、この液面をご覧ください!
コルク下 11cm程、明らかにかなり危ない液面の低さです。
随分乱暴な天使が居たものです(^^;

そして、白熱球にかざした色調をご覧ください。

透明で、美しいガーネット色が見て取れますね。
(濁っていたら全く論外です)
この色調から鑑みると、抜栓後の状態は、
五分五分以上の六分四分に上がります。
2枚羽のプロング式で抜栓、予想通りコルクはグズグズ状態、
ロブマイヤーに恐る恐る・・・。

ご覧の通りの黄昏色。
一嗅ぎ・・・!
避けられなかったマデリゼのやや糠漬け香、
しかし、この程度の場合時間と共に<失せる場合も>ある。
顕著な<ビートの根>の香り、ドライハーブ、大地のニュアンス。
舌触りはトロリと特筆モノの皇かさ。
<Miel de Foret>=森の蜜を舐め、舌なめずりした感じ。


抜栓2時間後、粗、マデリゼ香は失せ、根の香りのする森の蜜が主張する。
神々しい甘さ、焼ローズマリー、大地のエネルギー。
マデリゼ香が暑かった年のシュル マチュリテに変換。


抜栓3時間後、いよいよ本領発揮!
焼ローズマリーがオレンジピール、ショコラに発展してきた!
偉大なオランジェットだ^^!
ロブマイヤーに包まれ、満足げなワイン殿下!



2019年1月31日木曜日

伝説のワイン:ヴージョ1937年コレクション デュ ドクター バロレ

Vougeot1937Collection du Docteur Barolet
ヴージョ1937年コレクション デュ ドクター バロレ

このワインご存知でしょうか?
ご存知の方はかなりのマニアです^^

ファーストヴィンテージは1911年・・・!
このファーストヴィンテージを、飲んだり、売買した人には、
<たたり>があると言われています。
30年ほど前、この1911年物を発見しましたが、
怖いのでスルーいたしました^^
ブルゴーニュ当たり年の、1915年物は2度ほど試飲しましたが、
いまだ健在です。
その他、1923年/1933年/1934年/1935年/1947年/1949年/1951年/1959年
等々全て素晴らしく、外れなしでした^^

一つ前の投稿の、オリヴィエバーンスタインもそうですが、
このドクター バロレも葡萄の栽培から徹底的に関わり、
究極の葡萄を得るための努力をしたそうです。

また、長期熟成型を狙い樽の中にずっと寝かし続けたそうです。
(当時、クロ デ ランブレもこの方法を用いていました)

ヴージョ1937年コレクション デュ ドクター バロレ
に戻りますが、とても澄んで美しい色合いをしています。
Vougeot1937Collection du Docteur Barolet

今までの私の経験では、
ヴィラージュ、プルミエクリュ、グランクリュの差は殆どなく、
とにかく1本1本の訴えかける力が強く、
正に1杯で酔いしれることのできる
奇跡のワインです!

ドクターバロレ!
マニアのためのワインです。
このワイン来年の2月の特別なワイン会用です。


2019年1月28日月曜日

ミクロネゴス!<オリヴィエ バーンスタイン>2016年物 降臨!

今最も、注目を浴びている、ブルゴーニュ生産者
<オリヴィエ バーンスタイン>
2007年の創設、当初からジャンシス ロビンソンに高い評価を受け、
年々評価を上げ続け、2013年にはエレガンスをも身に纏わせスタイルが完成。
2014年はそれをも凌ぐ傑作をリリースし、
いよいよ超一流の生産者の仲間入りを果たし、価格も急上昇!
そして、2015年空前の驚愕作品をリリース!
イギリスの正規代理店<BBR社>では、
高額のアソートメントセット、1000セットが発売後<17分>でソールドアウト!
という、記録を作ったそうです。

その驚愕作品!!2015年物がお召し上がり頂けます!!!
toratanuレア!ワイン会スペシャル会3月会&4月会で、
全種をお召し上がり頂ける企画をリリース中!です。
エッ!早くない?
という声が聞こえますが、先日の1月9日にプライベートワイン会で開けた、
ボンヌ マール2011年はすっかり閉じていました・・・!
又、2013年を開けた方のお話を伺いましたが閉じたそうです・・・!
2015年!確かに早いかもしれませんが、<閉じる前>に行います。
同志を求めています!!!

以下は、先日入荷した、2016年物です。

 御三家
シャンベルタン2016年
シャンベルタン クロ ド ベーズ2016年
マジ シャンベルタン2016年
 ボンヌ マール2016年
クロ ド ヴージョ2016年
ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ レ カズティエ2016年
ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ シャンポー2016年
 クロ ド ラ ロシュ2016年
シャルム シャンベルタン2016年
シャンボール ミュジニ プルミエ クリュ レ ラヴロット2016年
 ジュヴレ シャンベルタン ヴィラージュ2016年
ジュヴレ シャンベルタン ヴィラージュ2016年

フレッシュな苺がフワッと香り和三盆が躍る!
品格ある苺大福^^が愛らしい。
リキュール ド フレーズ。
骨格に、ジュヴシャンらしい金属的なニュアンス、
シルキーで優しいタンニン、良いバランスの酸。
スワーリングを繰り返し、温度が上がってくると、
紫果実が顔を出す、甘いブルーベリー。
そして、ミルティーユ・コンフィチュールに昇華していく。

一啜り・・・、香りほどのインパクトがなく、
やや希薄な印象だが、バランスに富み焦点が定まったボディ。
今!美味しい!!素晴らしい!
シャラン鴨骨付きもも肉の炙り焼きに合わせたい。

2011年以来のリリース!
コルトン シャルルマーニュ2016年
2樽600本の内、300本が日本に降臨!!
コルトンシャルルマーニュ2016年



因みに、ワイン屋さんの希望小売価格を脇に記します。
ジュヴレ シャンベルタン ヴィラージュ2016年¥22,000.外税>

シャンボール ミュジニ プルミエ クリュ レ ラヴロット2016年¥38,000.外税>
ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ シャンポー2016年¥45,000.外税>
ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ レ カズティエ2016年¥48,000.外税>
シャルム シャンベルタン2016年¥78,000.外税>
クロ ド ヴージョ2016年¥78,000.外税>
クロ ド ラ ロシュ2016年¥95,000.外税>
ボンヌ マール2016年¥115,000.外税>
マジ シャンベルタン2016年¥115,000.外税>
シャンベルタン クロ ド ベーズ2016年¥170,000.外税>
シャンベルタン2016年<¥170,000.外税>

上記のような、とてつもない価格ですが、納得の品質です。
我慢できずに、本数のあるジュヴレ シャンベルタン ヴィラージュ2016年
を、開けてしまいましたが(^^;
一杯のグラスで、<1時間対話が可能>な品質です!
昨年5月、クロ ド ヴージョ2015年で感動し、パラダイムシフトを受け、
新たなる境地に踏み込みました。

上記、2016年物も、2015年の全てと対話したうえで、
いつの抜栓にするかを考えます。
当然!<閉じる前>です^^